葉酸サプリは合成?それとも天然の葉酸サプリを摂取するべきなの?

 

葉酸には、胎児の先天性異常のリスクを下げるという効果があるため、
厚生労働省は、妊娠を希望している方や妊娠中の方に対し、1日に400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

 

ただ、食品から推奨摂取量の摂取を摂取することが難しいため、
厚生労働省はサプリメント等の栄養補助食品から摂取することを推奨しています。

 

この葉酸サプリメントは、最近ではとても多くの商品が販売されており、
自分に合ったサプリメントを選べるようになっています。

 

葉酸サプリの添加物は気にしているけれど、
葉酸自体が天然か合成かを気にして選んでいるという方は少ないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、葉酸サプリは天然のものか合成のもの、
どちらを選ぶべきなのか、具体的にご説明していきたいと思います。

 

 

天然の葉酸と合成の葉酸

 

葉酸には、天然のものと合成のものの2種類が存在しています。
この2種類にはどのような特徴があり、どのような違いがあるのでしょうか。

 

また、厚生労働省はどちらの葉酸を摂取することを推奨しているのか、見ていきましょう。

 

 

天然葉酸と合成葉酸の特徴は?

 

葉酸は、大きく分けて以下の2種類となります。
まずは、両者の特徴について、ご説明していきたいと思います。

 

 

天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)

 

天然の葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)は、野菜や果物などから作られている葉酸です。
自然のものから葉酸を抽出しているため、サプリメント自体の価格も高めになります。
また、自然のものを使用するとなると、匂いや形などを整えることが難しく、
少し飲みづらいサプリメントとなっていることがあります。

 

合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)

 

合成の葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)は、化学成分から出来ている葉酸です。
科学的に葉酸を抽出しているため、いつでも作ることが出来、価格は安めとなります。
サプリメント自体の大きさや匂いなどを調整することが出来るため、飲みやすいものが多くなっています。

 

 

このように見てみると、やはり葉酸自体も天然のものがいいというように感じる方が多いかと思います。
実際、合成のものよりも天然のほうが良いという考え方は浸透していますよね。

 

ですが、葉酸に限っては、一概に天然のほうが良いとは言えないのです。
この理由は、葉酸の違いについて知ってもらえれば自然と理解いただけると思います。

 

 

天然葉酸と合成葉酸の違いは?

 

両者の違いといえば、上記のような素材の違いもありますが、
それよりも大きな違いとして、「葉酸の吸収率」が挙げられます。

 

・天然葉酸の吸収率は約50%程度
・合成葉酸の吸収率は約85%程度

 

このように、天然葉酸と合成葉酸では、吸収率に大きな違いが見られるのです。
せっかく葉酸サプリを飲んでいても、身体に吸収されづらいものである場合、あまり意味がありませんよね。
赤ちゃんに良い物を届けたくても、果たしてちゃんと届いているのか不安に感じてしまいます。

 

この違いから、葉酸に限っては、天然のものよりも合成のものの方が良いという見方があります。

 

 

厚生労働省は合成葉酸を推奨

 

厚生労働省は、合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)を推奨しています。
理由は先程ご説明しました通り、合成葉酸のほうが吸収率が高いためです。
ただ、副作用などにも注意した方が良いです。特に添加物の多い葉酸サプリの場合葉酸意外の
成分で副作用を起こす可能性もあります。このあたりの事はネイチャーメイド葉酸サプリの副作用
記事で書いています。

 

天然葉酸を400μg摂取しても、厚生労働省が推奨する400μgには届いていない可能性があります。

 

もしそうであれば、赤ちゃんの先天性異常のリスクを低下させることは出来ませんよね。

 

 

 

大切なことは体内に確実に吸収させること

 

大切になることは、合成葉酸が危険かどうかということよりも、
体内にいかに確実に吸収させることが出来るかどうかという点です。

 

葉酸は、赤ちゃんの成長を助け、先天性異常のリスクを軽減させる目的で摂取するものです。

 

厚生労働省が合成葉酸をサプリメントから摂取するように推奨している理由には、
確実に葉酸を摂取できるからということと、確実に体内に摂り入れることが出来るからです。

 

天然葉酸が悪いというわけではなく、
吸収率を高めるためには合成葉酸が良いということです。