ネイチャーメイド葉酸サプリはビタミンAの摂取量問題ないの?

 

葉酸サプリには、ビタミンAが配合されているものが存在しています。
葉酸と一緒にたくさんの栄養素が摂取できたほうがいいからという理由で、
このような葉酸サプリを選ぶ方もおられるかもしれません。

 

もちろん、必要な量を摂取するという点では大切になることなのですが、
過剰摂取となってしまうと、様々な問題が出てくると言われているのです。

 

その問題とはどのようなものなのか、
また、ネイチャーメイド葉酸サプリにはビタミンAが配合されているのか、
されているとすれば、摂取量に問題はないのか等、見ていきたいと思います。

 

 

ビタミンAは妊娠中には危険?!

 

厚生労働省は、ビタミンAを積極的に摂取するように呼びかけています。

 

そもそもビタミンAには、皮膚や粘膜を正常な働きにする働きがあります。
赤ちゃんの細胞分裂の際に、その成長を助けるという役割もあるため、重要なものなのです。

 

にも関わらず、どうして妊娠中の摂取に注意が必要だとされているのでしょうか。

 

 

ビタミンAには2種類ある?!

 

ビタミンAには、大きく分けて2種類のものがあるということをご存知ですか?

 

・動物性ビタミンA(レチノール)
・植物性ビタミンA(βカロチン)

 

過剰摂取が問題となるのは、動物性ビタミンAであるレチノールです。
このレチノールは、脂溶性ビタミンと呼ばれるもので、
水には溶けにくいのですが油には溶けやすいという性質があります。

 

つまり、過剰摂取となると、どんどん体内に蓄積されていくというわけです。

 

 

過剰摂取で起きる問題とは

 

では、妊娠中にレチノールを過剰摂取してしまった場合には、どのような問題が起きるのでしょうか。

 

妊娠中にビタミンA(レチノール)を摂取しすぎてしまうと、
胎児の先天性異常の確率が高まると言われています。

 

細胞分裂などが激しい妊娠初期には特に、このレチノールの過剰摂取に注意しなくてはなりません。

 

 

βカロチンはなぜ問題ないの?

 

レチノールとβカロチンは、同じビタミンAでも種類が異なります。
レチノールは動物性ですが、βカロチンは植物性です。

 

レチノールが体内に蓄積されることとは異なり、
βカロチンの場合は不要な量が体外に排出される仕組みになっているのです。

 

そのため、体内に蓄積されていくことがなく、過剰摂取といってもあまり心配はないと言われています。

 

 

摂取量に注意すれば安心

 

葉酸サプリメントの場合でも、1日の摂取量は決められていますよね。
例えサプリにビタミンAが含まれているとしても、摂取量を守っていれば危険性は少ないと言えます。
それがβカロチンであればなおさらです。

 

ただ、その摂取量を見た時、本当に過剰摂取となる量ではないかどうかを確認する必要があります。

 

 

ビタミンAの過剰摂取の量は?

 

ビタミンAの過剰摂取となる量は、3000μg以上となっています。
この量を継続的に摂取し続けることで、胎児に奇形などのリスクが高まります。

 

 

ネイチャーメイド葉酸サプリは?

 

では、ネイチャーメイドの葉酸サプリの場合、ビタミンAは配合されているのでしょうか。
葉酸以外に含まれている成分なども気になるところです。

 

 

ビタミンAは配合されていない

 

ネイチャーメイド葉酸サプリには、ビタミンAは配合されていません。
葉酸のみの配合となっており、その他は添加物となります。

 

そのため、ビタミンAの過剰摂取となる心配はありませんが、
添加物だらけという点で安全面に不安が残るサプリメントでもあります。

 

 

他の栄養素も配合されていない

 

ビタミンAが配合されていない上に、他の栄養素も配合されていません。
葉酸のみの配合となるため、鉄分やカルシウム、ビタミンB6やB12などの不足が気になります。

 

また、葉酸はビタミンB6やB12と一緒に摂取することで吸収率が高まるとされているため、
吸収率の面でもやや不安という印象です。
ネイチャメイド葉酸サプリの添加物量などもしっかりとこの記事で見ておきましょう。